本連載は、女性(妻)の働き方や生き方に合わせて、男性(夫)側の働き方や生き方を変えたという子育て家庭の話を紹介するものです。

第1回と第2回でご紹介しているのは、妻の仕事に合わせて、夫が「在宅勤務」という働き方を選んだ佐々木さん夫婦の話です。
前回は、佐々木さん夫婦が、愛知県と東京という遠距離婚生活を選ぶことになった背景と理由について、時系列に沿って見てきました。
本稿では、夫のヨシアキさんが人事部からの「在宅勤務をフルに使って、月の半分を愛知県で過ごしてみては?」という提案を受けて、社内で前例のない2拠点生活に突入するところから話が始まります。
(※本連載に出てくる名前はすべて仮名です)

人事も上司も後輩も背中を押してくれた

「まさか本当に月の半分も愛知県にいられるとは思っていませんでした。そういった話があった当初は、せめて土日に合わせて金曜日に在宅するとか、そのくらいのイメージだったので」
これは、妻のアキコさんが夫の在宅勤務について開口一番に話してくれたことです。夫のヨシアキさんも同じような思いを抱いていたようです。
「僕のほうも、人事部や上司と在宅勤務について話し始めたときは、土日に合わせて月曜とか金曜を在宅勤務するくらいの感じでいました。でも人事からこう言われたんです。『都合さえつけば、月曜から金曜までずっと向こうで在宅勤務してもいい』って。上司のほうも『やってみなよ』と背中を押してくれました」
その結果、夫のヨシアキさんは、人事部から提案のあった「月の半分を愛知県で過ごす」ということを実行に移しました。しかし本当に、在宅勤務、それも社内で前例のない2拠点生活への移行はスムーズにいったのでしょうか。ヨシアキさんは言います。
「(在宅勤務を開始するにあたって)上司とは話し合いの場を持ちました。そのときの直属の上司はとてもリベラルな考え方を持っている人だったこともあって、『その都度仕事で影響が出てきた人同士で話し合って調整してくれたらいい。細かいことは任せるよ』とわりと軽いノリで言われました」
ヨシアキさんの場合、仕事で大きな影響が出そうなのは後輩の2人だったそうです。そこでヨシアキさんは飲み会の最中、その後輩に対して神妙な面持ちで事情を説明しました。
「『自分がいないということで、君たち2人に何らかの負担がかかる可能性があるし、すぐに業務上の相談に乗れないこともあるかもしれない』と神妙な面持ちで伝えたら、後輩もノリが軽くて、『良いじゃないですか。こっちは問題ないですよ〜』と言ってくれました。そう言ってくれて2人には感謝しています」
しかし、実際に在宅勤務を始めると、「意思疎通の部分では迷惑をかけているはずだ」とヨシアキさん自身のほうが心配になってきました。そこで、2人の後輩以外に、もう1人いる個人的に仲の良い後輩に探りを入れることにしました。
「あの2人は、自分がいないことで大丈夫かな? 迷惑とかストレスを感じてないかなって別の後輩に聞いてみたんです。そしたら『心配しているところ言いづらいんですけど、まじで負担とかストレスとか感じてないと思いますよ』と言われました。必要以上に自分が気にしているだけかもしれません。でもやっぱりちょっと気になりますよね」

復帰後はどのようなリズムで仕事をしている?

妻・アキコさんの復帰後の生活や仕事のリズムはどのようなものでしょうか。
アキコさんは、週5日勤務で復帰しています。フルタイム勤務だと定時は8時45分から17時30分までですが、朝30分、帰りに1時間の時短を選びました。給料については、「働く時間が1時間半短くなっているのと比例して少なくなっている」そうです。時短勤務についてアキコさんは言います。
「時短については、私の職場では理解してもらっているように感じます。時短の人は私以外にもいて、たとえば2時間時短している人もいますし、30分の時短を取っている人もいます。そういうことが普通に受け入れられている職場なので、働きやすさを実感しています」
なぜアキコさんは今の職場に働きやすさを感じているのでしょうか。それは、「今の職場は時短以外の人たちも定時で帰る人が多い」ということによるのではないでしょうか。アキコさんはこう続けます。
「残業があたりまえで、終電まで働くこともあるような職場で時短をするとなると、肩身が狭い思いをするような気がします」
時短勤務にしても、在宅勤務にしても、育児休暇の取得にしても、それが広まることで会社や同僚の負担増につながるのであれば、比例して子育て世帯の心理的な負担が増えることは否定できません。
そうなると、子育て世帯や要介護を抱えた世帯など様々な制約を抱えた人たちが働きやすくなる制度であるはずなのに、むしろ反対のことが起きてしまいます。この点についてはすでに広く議論されてきたことですが、あらためて問題の根の深さを感じさせられます。

在宅勤務において気をつけていること

一方でヨシアキさんの生活や仕事のリズムはどうでしょうか。
「自分は基本的に裁量労働です。それは在宅でも変わりません。東京にいる間は、朝の9時〜10時の間に行って、21時くらいまで働いています。
一方で在宅勤務中は8時半〜9時半くらいにスタートして、夕飯の時間にあたる19時前後に終える感じです。でも、その前に保育園のお迎えもしているので、厳密にいうとずっと働いているわけではありません。そのあたりは裁量労働なので融通がききます。要はタスクをこなせばいつ飯を食べようが、いつ保育園の送り迎えをしようが関係ないということですよね」
実際ヨシアキさんは、在宅勤務中は効率よく働くことに全力を注ぎ、お迎えに行って帰宅してからはあまり仕事をせずに、子どもの面倒をみているそうです。ただし、もしタスクが終わっていなければ、妻と子どもが寝てから、バアっとやったりすることもあるそうです。
「夜、時間を見つけて翌日の研究(仕事)の予習をすることもあります。基本的なルールとしては、事務手続きとして、会社のシステムのスイッチを入れるってことと、業務開始のときに『今日はこれをやります。今から始めます』というメールを上司に送るのと、終業のときにも『今日は予定通りこれをやりました』とか、『これはできませんでした』といった報告をメールで入れることがあります。
在宅勤務中に出なくちゃいけない会議があるときは、電話会議で参加します。ちなみに在宅勤務を始めて感じたのは、すべての会議が絶対重要かというと、そうでもないなということと、電話でも十分意思疎通が図れるなということです」
そうした日々のなか、在宅勤務をスムーズに行ううえで大事だなと思うことがあるそうです。
「上司との人間関係のなかできちんと信頼関係が築けているかどうかが、在宅勤務では重要だという気がします。だから日々の仕事で、『こいつなら大丈夫だろう』って思われるように努力しています。言っても(研究職は)長時間になりがちな仕事でもあったりするので、長時間やらなくてもできているところを見せないといけないというか」

在宅勤務を推奨してくれた上司に感謝している理由

先ほど「そのときの上司」という表現をしたのでお気づきの方もいるでしょう。
じつは、ヨシアキさんが「フルに在宅勤務を使って月の半分を愛知県で過ごす」という生活に移行するとすぐに、背中を押してくれた上司は異動していったのだそうです。
「(今の生活に移行できたことについて)運が良かったなとも思うんです。というのも、4月の人事異動で上司が変わったからです。もし新しい上司のほうだったら難しかったと思います」
その理由について、すでにヨシアキさんが述べたように、前の上司の考え方が非常に柔軟だったということに加え、「信頼関係がまだできていないなかで、(そうした前例のないことについて)背中を押すことができるかというと、やはり難しいですよね」と言います。
そして、ヨシアキさんは次のように続けます。
「特に背中を押してくれた前の上司には感謝しないといけません。その方は育児経験があったこともあって、『君がなるべく長く愛知県にいることも大事だけど、奥さんの家族の助けも絶対に必要だと思うから、実家の近くに住んだほうがいいよ』といったアドバイスもしてくれていました。
そういえばその上司は、子育てだけじゃなくて、単身赴任の経験もあったはずです。たぶんそういう経験をしてきたからこそ、いろいろ親身になって相談に乗ってくれたのだと思います」
そして、ヨシアキさんは自身の経験を踏まえ、もっと普通に在宅勤務が社内で広まっていけばいいと感じているといいます。
「自分がそういう働き方をさせてもらっているから、やっぱりまわりに対しても『在宅勤務ってどうなの?』なんて一切思いませんよね。むしろ全然アリだと思うので、使いたい人は積極的に使っていっていいと思っています。
それから僕だけじゃなくて、僕を後押ししてくれた上司たちが、今後『過去にこういうやつがいたから、やってみれば』って広めていく可能性もある。だからこそ、今、自分がしっかりやらないといけないって思う部分もありますね」

佐々木さん夫婦のお話から感じられたこと

佐々木さん夫婦の場合、在宅勤務をフル活用した2拠点生活は、概ねうまくいっているように思えました。しかし、手放しで賛辞を送れるかというと、そんなことはありません。その理由は、次のアキコさんの言葉にあります。
「2人目がほしいという気持ちはあります。ただ、完全に同居しているのに比べると、ハードルは高いかもしれません」
いくら在宅勤務で同居の時間が増えたとはいえ、半月は子どもと自分だけ。そのうえ子どもが2人になることを考えると、やはり2人目への心理的なハードルは、否応にも高まることは想像に難くありません。
さらに、実際に2人目ができるのかどうかでも、少し難しい面があることも否めないでしょう。週末婚のように土日しかいない場合や、朝早くから夜中遅くまで毎日働く人よりかは可能性が高いかもしれませんが、やはり完全に同居している夫婦に比べれば可能性は低くなります。
在宅勤務を使った2拠点生活ということを考えれば、月の半分“も”一緒にいられると見ることができます。一方で、やはり家族の時間ということを考えれば、月の半分“しか”一緒にいられないという見方もあるということです。

さて、前回と今回とで、妻の仕事復帰のために、夫が働き方をマイナーシフトしたという夫婦のケースを見てきました。妻の生活を夫の仕事に合わせるというのが、これまでの“あたりまえ”だったとするならば、働き方改革が進む今後は、今回の佐々木さん夫婦のようなケースが増えていくのかもしれません。
そして、解決策や落とし所は家族の事情、あるいは会社や仕事内容によって異なるので一概にはいえませんが、“より柔軟な”働き方が選択できるようになることは、家族のかたちにおいて、さまざまな可能性が広がることにつながるように感じます。
たとえば今回の佐々木さん夫婦のような在宅勤務についていえば、当人と関係者において仕事に支障が出ないのならば、個別に話し合って在宅勤務の上限日数を決めていく、というさらに一歩踏み込んだ制度を採るのも、ひとつの手だといえるのではないでしょうか。

次回は美容室で店長として働く妻と、その妻を支えるために正社員を辞め、アルバイトをしながら兼業主夫をこなす夫のケースをご紹介します。

遠藤由次郎
フリーのライター兼編集者
1985年静岡県生まれ。大学卒業後、出版社勤務を経てフリーランスに。子ども2人の父親。自宅などで主に書籍の編集やライティングに携わりながら子育て中。研究者である妻の所属研究機関の変更を機に、2017年2月より拠点を東京から京都に変えている。