本連載は、女性(妻)の働き方や生き方に合わせて、男性(夫)側の働き方や生き方を変えたという子育て家庭の話を紹介するものです。

今回ご紹介するのは、妻が小さな美容室のオーナー店長として働き、夫は妻を支えるために15年近く続けた正社員の職を辞し、昼間に主夫業をし、夜間は卸売市場でアルバイトとして働くことを選んだという吉田夫妻の話です。
(※本連載に出てくる名前はすべて仮名です)

30歳を目前にして“リアル”に子どもが欲しくなった

吉田さん夫婦の夫・サトルさん(43)は、昼間は主夫業をこなし、夜間に東京都内にある卸売市場でアルバイトをしています。“大”のつく映画好きで、「ずっと映画を見ることができる」という理由から20代のときは映写技師をこころざし、実際に複数の名画座で映写に携わっていました。しかし、映写技師で家族を養うのは難しく、30歳を目前に営業を兼ねた食品配送の職に転じます。正社員として同職に10年以上勤続しました。
しかし、サトルさんは子どもが生まれるタイミングで退職をします。そして主夫として子どもを育て、働く妻を支えるという決断をしたのです。その後、ハローワークで見つけた卸売市場での夜勤が、意外と自分の生活スタイルに合っていると感じ、4年以上アルバイトを続けています。
一方で、サトルさんの妻・メグミさん(35)は、東京都内の一等地にある小さな美容室のオーナー兼店長として働いています。幼少時の頃から「手に職を持って、自分の手で稼ぎたい」という思いがあったメグミさんは、高校を卒業後、美容師になるための専門学校に通いました。そして美容師の卵といえるアシスタント期間を経て24歳でスタイリストに。30歳で出産を経験した後、34歳のときに前オーナーから経営権を譲渡してもらいました。現在に至るまで店長としてお店に立ちながらも、2人のスタッフとともにマンツーマンを売りにする小さなサロンの経営にも力を注いでいます。
そんな吉田さん夫婦に子どもができたのは、結婚から10年以上が経過したときでした。
もともと吉田さん夫婦は、「子どもについては、『絶対欲しい!』っていう感じではなくて、『いたらいたでいいよね』というくらいの気持ち」でした。しかし、メグミさんは30歳を目前にして「リアルに欲しいと思うようになった」と、気持ちが変化したそうです。そこで、念のため産婦人科に行き、タイミング療法を受けることに。
その後、しばらくすると妊娠したことがわかりました。現在、そのときに産んだ女の子は4歳、自宅マンションの向かいにある保育園に通っています。
ちなみに結婚から約10年、子どもがいなかったことについて、夫のサトルさんの両親から「そろそろどうなの?」的な話は一切出てこなかったそうです。この点について、「とてもありがたいですよね。義両親はすごくよく子どもの面倒も見てくれていて、本当に助かっています。今、家族の大切さだとか、自分の周りにいる人たちのサポートの大切さを実感しているところです」と話します。

結婚当時から“主夫業”について話し合ってきた理由

妊娠がわかったことで、吉田さん夫婦は、結婚をした当時から話し合ってきた“あること”について、真剣に検討しました。
その“あること”とは、子どもができたら夫であるサトルさんが家庭に入る、つまり主夫業をするということです。
「何よりも夫は料理が上手ですし、家事もできます。もともと私より家庭的だったんです。だから、得意なことを得意なほうがすればいいんじゃないか、というようなことを夫婦で話し合ってきました」と、メグミさんは言います。
夫のサトルさんも、「夫が稼いで妻は家庭に入って子どもの面倒を見るのがいちばん幸せっていう考え方は、経済成長期の日本で一時的に広まった価値観だと思っているんです。たとえばもっと昔は、小さい子どもは祖父母が面倒を見て、働き盛りの両親は外に出て働くというのは普通なことであった。どっちが良いとか悪いとかではなくて、そういう世間一般の考えに迎合する必要はなくて、自分たちの良いと思った方法を選べばいいだけのことだと思っています」と話します。
話し合いの結果、サトルさんはメグミさんが職場復帰するタイミング(産後2ヵ月)で会社を辞めることを選びました。

好きな仕事で稼ぐことができているのはどっち?

吉田さん夫婦が“サトルさんがメグミさんの仕事を支える”という家族のかたちを採用した背景には、もう一つの価値観がありました。それは、「仕事には大きく分けて2つの種類がある」というものです。メグミさんは次のように言います。
「仕事をするうえで、仕事に重きを置く人と、仕事はあくまで生活するためにするものと考える人とがいると思っています」
メグミさんは続けます。
「夫は、映写技師をしていた頃は仕事を人生のメインにした生き方をしていましたが、映写技師という夢を諦めたときに、生活をするための仕事をするという人生に切り替えたんです。一方で、美容師である自分は好きなことを仕事にさせてもらっている。それならば、好きなことを仕事にできている私がきちんと稼ぎ、夫が主夫業をするという選択肢もありなのかなって」
メグミさんは、夫が正社員を辞めたことについて、「将来不安じゃない?」と聞かれることも多いのだといいます。しかし、吉田さん夫婦は次のように考えています。「どちらがどのように働いていても、同じように仕事を中断しなくてはならないリスクは、いくらでも転がっている」と。
だからこそ、先ほども書いたように、好きなことを仕事にできているほう、つまり、好きなことでお金を稼ぐことができている妻が働き、夫が主夫業を担うという役割分担を選んだのです。
そのようにして、吉田さん夫婦は、「妻が働き、夫が家庭に入る」という道を進んでいくことにしました。しかしその後、ひょんなことからサトルさんは卸売市場で夜勤アルバイトをすることなります。さらに美容師として働くメグミさんにも、出産を境にして、ある変化が訪れました。それらについては、次回の記事にてご紹介します。

遠藤由次郎
フリーのライター兼編集者
1985年静岡県生まれ。大学卒業後、出版社勤務を経てフリーランスに。子ども2人の父親。自宅などで主に書籍の編集やライティングに携わりながら子育て中。研究者である妻の所属研究機関の変更を機に、2017年2月より拠点を東京から京都に変えている。