本連載は、女性(妻)の働き方や生き方に合わせて、男性(夫)側の働き方や生き方を変えたという子育て家庭の話を紹介するものです。

第5回から紹介しているのは、「朝から夜遅くまで働いていた“生きがい”ともいえる仕事を辞めたとき、妻の仕事をサポートする人生に切り替えた」と話す夫・ケイスケさんと、関西の大学で教員を務める妻・ミカさんという片岡さん夫婦です。

前回は2人が出会ったきっかけや結婚の経緯、さらに家庭の時間を大事にするためにケイスケさんが転職を選んだことなどを時系列で見てきました。そして、ようやく2人の念願だった「子どもを産む」ということが現実的になってきた──そんなとき、一本の電話がかかってきたのでした。
(※本連載に出てくる名前はすべて仮名です)

「8年後の家族の姿」を予測したからこそ出てきた答え

研究者としてステップアップを踏むため、関東にある別の大学へと進もうと考え、あとは形式的ともいえる最終面接を残すのみとなっていたミカさん。労働環境が良く、安定している大手企業に転職してくれたケイスケさんのこともあり、ミカさんは関東に骨を埋める決意をしました。

しかし、そんなときにかかってきた1本の電話。それは、関西時代にお世話になった恩師でした。

「今度公募を出すから受けてみないか」というもの。関西で有数の大学で教鞭を執る恩師からの誘いに、ミカさんは即答で「行けません」と答えます。そして、ケイスケさんにそのことを報告すると、意外な答えが返ってきたのでした。

「“さすがに現実的ではないよね”ってニュアンスで話したら、夫はすごく傾聴力のある人なので、そうだと決めつけずに、将来に関するいろいろなことを話すことになりました。そして、2人で『すんなりと諦めていいものか』と悩み出しました」とミカさん。ケイスケさんもそのときの話は鮮明に覚えています。

「関東の大学の仕事は8年の任期があったんです。それでそのときいろいろ話し合う中で思ったのは、8年勤めた後に、今回のような妻のキャリアにとって良い話があったときに何が起きるかってことでした。僕らはそのときに子どもをつくろうって決めていたので、8年後だと子どもの転校とかも関わってくるかもしれない。そうなったら、もっと難しい選択を迫られるよねって、そういうことを話したと記憶しています」

そうした相談を経たうえで、2人が導き出したのは「チャレンジする」という答えでした。

「専業主夫でもいい」という夫に対し、妻の反応は?

「そもそも僕は妻の仕事やキャリアをサポートするために転職したので、やっぱりそこを最大化することを考えたんです。ミカが関西に行くならついていく。そういう気持ちでした。でも、知り合いにお世話になって転職したばかりだから、『すぐに関西に行くのは難しいと思う。少なくとも2年間は恩返しをしたい。それから転勤か転職か、無理なら会社を辞めて専業主夫でもいいから関西に行く』って妻に伝えました」とケイスケさん。

一方のミカさんは、「夫の後押しもあって、一度は断った恩師からの提案に、挑戦してみることしました。でも、仕事を辞めてついていく、専業主夫になるって言ったときには、私にはよくわからない拒否反応がありました。それはちょっと違うなって。2人とも働くというのが私の中の前提としてあったと思う」と言います。その結果、2年の間に何とか関西で仕事を見つけるという方向でいくことに決めました。

その後、ミカさんは試験に挑戦、みごと恩師のもとで働く切符をもぎ取ることに成功しました。そんな最中、赴任を目前にして妊娠が発覚します。ただ、大きな心配はなかったとミカさんは言います。

「恩師には、応募する前に『子どもが欲しいと思っているが、大丈夫だろうか』という相談をしていました。そのときに、『子どもも産めないような組織は、組織として成り立ってない』って言ってくれて。もちろん大学にだって育休制度はあるし、心配いらないってことでした。ただ、実際に妊娠すると、現実はそんなに簡単ではないなって思いましたけど……」

自分が産休・育休を取る間、同僚にはなるべく迷惑をかけないようにしたい──そうした思いもあって、ミカさんは、産休に入るまでの半年間、馬車馬のように働いたといいます。そして秋に子どもを産み、そのまま夫の住む関東で2ヵ月の産休を取り、その後も保育園に入る4月まで育休を取ったのでした。

東日本大震災がきっかけとなって転職が決まる

4月になって子連れ単身で関西に戻ったミカさん。一方のケイスケさんは大手関連のIT企業で働きながら、関西での仕事探しを続けますが、なかなかうまくいかなかったといいます。

「転職を考える前に異動による転勤も画策しました。でも、実はちょうどリーマンショックがあった時期で実現しませんでした。転職についても、IT関連の就職事情がかなり厳しい時期でした。年齢的にも歳が行き過ぎということもあったと思いますが、応募しても門前払い状態が続いていました。妻が関西に戻ってからは、僕が毎週金曜の夜に新幹線で関西に行って、月曜の朝イチの新幹線で東京の会社に出社するという生活でした。それはそれで結構充実していました。でも、何年かして2人目がほしいよねって話になったときに、やっぱり平日は妻が1人なので『無理じゃないか』ってなって」

そんなとき、またしても大きな転機が訪れます。東日本大震災です。この未曾有の震災によって、関西での就職口が広がりました。都内にあるIT企業が、拠点分散のために経験者を幅広く募集したのです。

「たぶん1人くらいは年齢が行っている人もいたほうがいいと思ってくれたんでしょうね。それで運良く転職することができました。ようやく家族揃って暮らせるようになり、ほどなくして2人目もできました」

「仕事復帰〜保育園入園」の空白の4ヵ月間、夫が育休取得

「私も夫も兄弟が多かったので、なんとなく2人以上はほしいなって思っていて、それがようやく叶ったかたちになりました。でも、2人目のときは保育園に入れなかった期間が3ヵ月ありました。大きい仕事があって、私はフルで仕事に戻らないといけなかったんです」

このときにも片岡さん夫婦は、意外な行動に出ます。ケイスケさんが育休を取ったのです。

「今けっこう育休を取る男性は多いですけど、当時はほとんどいなかったですね。役職がついている男性としては、実質初めてみたいな感じでした。だから、業務の中でいちばん大事な部下の評価が滞らないように、早いうちから同僚に相談し、代役をお願いしてから育休を取りました。まわりは、わりと自然に受け入れてくれましたね」

4ヵ月の育休の間、ケイスケさんは初めての寝返りを見たり、歯が生えてきたのも最初に発見したりと、得難い経験をいくつもしたといいます。1人目が懐いていないということではありませんが、乳児期に長い時間を共にした2人目とケイスケさんは非常に仲がよく、「いちばんの友だち」と思われているのだと笑って話します。

一方で、ミカさんはこうも話します。

「一度夫が育休を取ったことで、結果としてやっぱり専業主夫を選ばなくてよかった、2人とも働いているほうがいいなって思いました。たとえば料理。夫は決して下手とかではないんですけど、あまり要領が良くないので、料理を担当するとなると夫は一日中料理をしている。私自身、料理するのは好きだし、効率よくパパッと速く作れます。そういう向き・不向きがありますからね」

4ヵ月という仮の専業主夫経験を通じて、そういうことがわかったからこそ、お互い納得したうえで、仕事も育児も家事も夫婦二人三脚で乗り越えていっている──片岡さん夫婦はそのように語ってくれました。

片岡さん夫婦のお話から感じられたこと

夫(男性)側の中長期的なキャリアを考慮して、家族が進む道を選択する……これまではそういう家族が大半だったのではないでしょうか。しかし、ご紹介したように、片岡さん夫婦はそれとまったく反対のことを考えました。つまり、妻の中長期的なキャリアを考慮して、家族が進む道を決めたのです。

育児や家事は別にしても、妊娠・出産自体は女性が必ずするものです。そうした妊娠・出産を目前に控えている2人が、このような考えで生き方を選ぶというのは、とても意義のあることでしょう。

さらに、こうした家族のかたちが、例外ではなくあたりまえのものになること、それは現在の日本社会が働き方改革を進める中で、変わっていくべき一つの常識でもあるのではないでしょうか。

遠藤由次郎
フリーのライター兼編集者
1985年静岡県生まれ。大学卒業後、出版社勤務を経てフリーランスに。子ども2人の父親。自宅などで主に書籍の編集やライティングに携わりながら子育て中。研究者である妻の所属研究機関の変更を機に、2017年2月より拠点を東京から京都に変えている。