公益財団法人1more Baby応援団

産み分け成功率は58%!?

 「2人目が欲しい」と思っているパパママと、実際に2人目を授かったパパママに2人目の子どもの性別の希望を聞いたところ、「性別の希望がある」と答えた人が全体の約60%。そのうちの45%が1人目とは違う性別を希望していました。「どちらでも元気に産まれてくれれば」という思いは強くあるものの、「男の子と女の子どちらも育ててみたい!」と願うパパママがかなり多いようです。
 また2人目の性別の希望があるパパママに「産み分けをしようと思いますか?」という質問したところ、27%が「産み分けをする」と回答。「どうしても後継ぎが欲しい」「パパが女の子を強く望んでいる」など理由はそれぞれですが、およそ3割の人が積極的な産み分けにチャレンジしているという現実が分かりました。
 現代の医学で100%の産み分けはまだ不可能といわれていますが、「産み分けに成功しましたか?」という質問には58%の人が「成功した」と回答。その方法は様々ですが、「どうしても男(女)の子が欲しい」という目標に向かって努力を積み重ねるパパママが、数多くいるようです。

2人目のお子さんの性別に希望はありますか?
産み分けをしようと思いますか?(※性別希望者)

*全国の25~44歳の既婚者で子ども1人の男女各200名/子ども2人以上の男女各300名の合計1,000名を対象に調査を実施しました。

次回更新次回更新は、1/23(木)です。