公益財団法人1more Baby応援団

2人同時に育てて
大変だったのは入浴と病気

 子育てはよく運転に例えられます。若葉マークのときはヨロヨロ走っていた人でも、数年して運転に慣れてくると、ある程度のスピードで走り続けることができるもの。育児も1人目のときは右も左も分かりませんが、2人目となると余裕をもって挑むことができます。とはいえ、2人育児にはまた新たな壁があるようで……。
 今回、2人の子どもを育てているパパママたちに「2人同時に育ててもっとも大変だったこと」を聞きました。すると全体の約4割のパパママが「2人一緒に入浴させること」と回答。特にママにいたっては58%という高い数字になりました。この「お風呂問題」は育児系の雑誌やサイトでも頻繁に話題になるテーマ。入れる順番、洗う順番、出す順番。パパママたちの試行錯誤がたえません。
 次に挙げられたのが「2人同時に病気にかかること」。上の子の風邪が生後数ヶ月の下の子にうつったり、下の子の胃腸炎が上の子にうつったりと、年中どちらかを病院に連れていっている……となげくパパママも少なくありません。
 しかし上の子と下の子の年齢差が5歳以上のパパママでは、約4割の人が「大変だったことはない」と回答。パパママの負担は子どもの年齢差によって大きく変わってくるようです。

お子さんを2人いっしょにに育てるときに大変だったことは何ですか?
「大変だったことはない」と答えた夫婦の内訳(きょうだいの年齢差基準)

*全国の25~44歳の既婚者で子ども1人の男女各200名/子ども2人以上の男女各300名の合計1,000名を対象に調査を実施しました。

次回更新次回更新は、2/20(木)です。