公益財団法人1more Baby応援団

ふたりめ出産の決め手は
ひとりめのため

 昔のように「一人産んだらもうひとり」とはなかなかいかない時代。前回の調査であきらかになった厳しい経済状況や脆弱な育児環境を原因とした「2人目の壁」は、今回の調査でも約7割の人が「存在する」と回答しました。
 それでは実際にこの大きなハードルを乗り越えた、パパママの原動力となったものは何なのでしょうか?今回1 more Baby応援団では、2人もしくはそれ以上の子どもをもつパパママに「2人目以降の子どもを出産しようと決めたきっかけ」について質問しました。
 第1位は「第1子のことを考えて」で全体の45%。「自分に兄弟がいるので子どもにも作ってあげたい」「上の子からお兄ちゃん(お姉ちゃん)になりたいと言われた」などの声が多く、いずれも「下の子ができることで第1子がより楽しく・人として成長できるように」というパパママの願いが込められています。
 2位は31%で「家庭の内部環境」。これは「子どもが産まれてみたらあまりにもかわいいのでもう1人欲しくなった」「また赤ちゃんを育ててみたくなった」などのパパママ側の変化です。3位は「年齢」。子育ては体力勝負。第一子の子育てでそれを実感したパパママが体力のあるうちに…と考えるのかもしれませんね。

あなたが2人目以降の子どもを出産しようと決めたタイミングや
きっかけについて当てはまるものをお知らせください。

*全国の女性20〜39歳、男性20〜49歳の既婚者のうち、「子どもなし」「子ども1人以上」「子ども2人以上」
計2961名を対象に調査を実施しました。

次回更新次回更新は、7/17(木)です。