公益財団法人1more Baby応援団

ワンモア・ベイビー・ラボ

2018年12月

  • もっと見る

    これまでの記事では、妻のキャリアを優先して夫が働き方を変えた3つの家族の姿を追ってきましたが、今回は妻のキャリアのために夫が仕事を辞め、専業主夫となった古谷さん(仮名)一家の話です。

    古谷家について特筆すべき点は、妻の海外赴任に夫が着いていったというところです。いったいどういった思いをもって自身の仕事を辞め、妻であるハルコさんの海外赴任に着いていくことに決めたのでしょうか。それも、お世辞にも治安が良いとは言えない南アジアの国へ、2歳の子どもを連れて……。一時帰国したタイミングで、夫・マサシさんに聞いてみることにしました。

    (※本連載に出てくる名前はすべて仮名です)

  • もっと見る

    「理想の人数だけ子どもを産み、育てられる社会」の実現に向けて活動する私たち1moreBaby応援団では、“2人目の壁”を乗り越えるヒントを探るためユニセフの調査によって「世界一子どもが幸せな国」とされたオランダで現地調査を行い、その結果を『18時に帰る』という1冊の本にまとめました。

    しかし、紙面の都合上、本では紹介しきれなかったことがありました。そこで本連載では、オランダの企業へのインタビューを通じて、オランダの方々の働き方をみていきたいと思います。

    第1回はオランダのフラッグキャリア・KLMのHRディレクターのお話を、第2回はオランダ最大の都市に本拠地をかまえる大手投資銀行のABN AMROでHRスペシャリストとして働くモニケさんとリディアさんのお話を紹介しました。

    第3回となる今回は、オランダの国鉄的存在であるProRail(プロレイル)のHRで働くエリックさん、ヘンクさん、ダニエラさんの3人にお話をご紹介していきたいと思います。

    公益財団法人1moreBaby応援団専務理事・秋山開(以下、秋山)「本日はお時間をいただきまして、ありがとうございます。まずはみなさんの仕事内容について教えていただけますか?」

    エリックさん「HRのなかのアドバイザーとして働いています。どうやって健康で楽しい仕事をしていけるのかについて、現状だけではなく、将来のことも考える部署にいます」

    ヘンクさん「僕はHRのディレクターをしています。ProRailは4000人の社員がいます。どうしたらみんなが心配せずに働いていけるのか、正しいタイミングで、正しい場所で働けるようにすることに力を注いでいます。特に、いかに女性が家と会社のバランスをうまく取れるようにするかの対策を考えています。オランダという国全体で、もしそれができなければ、労働人口の半分を失うことになりますので」

    ダニエラさん「ProRailのHRでコンサルティングをしています。リクルーターとして採用を担当することに加えて、フレキシブルな働き方、つまりフルタイムかパートタイムかだけではなく、どこで働くのかなども含めた人事の仕事もしています」

    (*以下、3人の発言は統一してProRailと表記します)